妊婦さん整体

妊婦さんの産前ケアのメリット

妊婦さんが産前に施術を受けて、骨盤を整えることは大きなメリットがあります。

妊婦さんの中には整体やカイロプラクティックの施術を受けることをためらわれる方も多くいらっしゃいます。

体に圧迫がかかるのではないか、赤ちゃんに悪影響がでないか、とご心配なのでしょうね。

しかし、そんなことはありません。

きちんと解剖学や、妊婦さんの体のことを勉強されている先生なら大丈夫です。

image

妊婦さんの身体に起こる症状
骨盤の歪みが原因で起こる難産の可能性
妊婦さんが整体を受ける時期
妊婦さんに必要な栄養素

妊婦さんの身体に起こる症状

妊娠すると女性の身体は少しずつ変化します。

初期から中期にかけてはホルモンの変化で、うつや、不眠、むくみ、便秘など、

特にお腹が大きくなってくる妊娠後期はさらに、体内の水分量が増えて、下大静脈が子宮に圧迫されます。

血流が滞って下肢がむくみやすくなったり、静脈瘤ができやすくなったりします。

膀胱炎になる方も少なくありません。

腰痛や肩こり、股関節の痛みで悩まされる方も多くいらっしゃいます。

骨盤の歪みが原因で起こる難産の可能性

実は、背骨に大きな歪みがあると赤ちゃんが産道を降りてくる時に回旋異常を起こし、難産となることが あるのです。

image

実は私も初産の時、回旋異常があったため、かなりの難産でした。

しかし、その頃はまだ、カイロや整体の施術を受けたことがありませんでした。

妊娠中はお腹が大きくなっって腰がそってくるので痛みが出やすくなります。

また、身体が歪むと関節が固くなって、出産に影響することも考えられます

うちでは妊婦さんの施術も安全に行えますのでぜひご相談ください。

お腹が大きくなってきた妊婦さんには、横向きや仰向けでの施術をさせていただきます。

妊婦さんが整体を受ける時期

image

妊娠2か月~7か月まではうつぶせでの治療が可能です。

8 か月になると、おなかが大きくなってくるので、うつぶせは出来ません。

それでも腰痛がひどい場合は仰向けや横向きの姿勢で、治療をします。

強い力を加えたり、お腹を押したりしないので、安心して、治療を受けてください。

妊娠中の体のことはもちろん、解剖学をしっかり勉強された、出来たら国家資格者のいる施術院に相談なさることをお勧めします。

当院は女性で、出産経験のある、総院長と難波院院長のみが施術を担当します。

妊婦さんに必要な栄養素

妊娠すると、お腹の赤ちゃんのために多く栄養を摂る必要があります。

どのような栄養素を、どのくらい多く摂ると良いのでしょう。

【たんぱく質】

 筋肉や臓器など、身体を造るために必要な栄養素

 酵素やホルモン、免疫物質を合成するための役割をもつ

 成人女性の推進量が、一日で50gなのですが…

 口から摂りいれた食べ物から、身体に使える状態のたんぱく質になるのは、実は2割程度。

 なので、一日50gの場合、実際に食べなければいけない量は、250gなのです。

 コンビニで売っているチキンサラダが100g~110g・・・約2個半ですね。

 食べられているでしょうか?

 妊娠中は、中期で+10g(300g)、後期で+25g(375g)を追加することが推進されています。

 授乳中もこの量が必要です。

 植物性のたんぱく質は、人間(動物)の身体には吸収されにくいです。

 動物性のものを摂るようにしましょう。

image

【葉酸(B9)】

 脳の発育を助けたり、神経を作る働きがある

 ほうれん草・ブロッコリー・枝豆・焼きのり・きな粉・豚レバーなどに多くふくまれる

 受精卵は、細胞分裂ののち、一番初めに脊髄(神経)を作るのです。

 次いで、脳→内臓→皮膚…

 葉酸を摂取することが重要だということがよく理解できますね。

【ビタミンB6・B12】

 赤血球のヘモグロビンを合成する

 肉、レバー、貝類、魚などの動物系の食べ物に多くふくまれる

 妊娠すると、身体の血流量は約1.4倍増加します。

 しかし、白血球・血小板などに比べると、赤血球は増加量が少ないのです。

 そのため、貧血を起こしやすくなるので、食べ物から補ってあげる必要があります。

   ※魚の場合、食物連鎖の頂点に立つ大型魚類(まぐろ、特にトロの部位・鰹など)は、

   水銀の含有量が高いので、摂り過ぎに注意してください。

【ビタミンD】

 カルシウムの吸収に関わる

 免疫力を上げるためにも重要な栄養素

 鮭・イワシ・サンマなどにふくまれる

 (干しシイタケのビタミンDは吸収されにくい)

 不足すると、カルシウムが吸収されにくくなり、骨粗しょう症や骨軟化症の原因になります。

 早産・妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病のリスクが高まります。  また、赤ちゃん・子供の場合、成長期にO脚などの骨の変形が起こりやすくなる。

 ビタミンDは、食べ物以外にも、日光に当たることで体内に作られます。

 夏場で20分、冬場で1時間~1時間半くらいの外出が必要。

 女性は紫外線を気にして、日光に当たらないので、常にビタミンDが不足しています。

 外出しても、UVカットのファンデーションに日焼け止め、冬はマフラーに手袋…

 なかなか必要量をとれていないので、サプリメントを活用してください。

【カルシウム】

 胎児の骨を作るために、母体のカルシウム量は減少する

 骨粗しょう症になりやすくなるので、積極的に摂取が必要

 干しエビ・桜エビ・イワシなどにふくまれる

 (牛乳は、乳糖不耐症のかたはお腹を壊しやすくなるので注意)

 小松菜・ホウレン草・モロヘイヤなどの葉物野菜や納豆(ビタミンK)と、  ビタミンDを一緒に摂ることで吸収率がアップします。

【鉄】

 母体、胎児ともに酸素を送る

 煮干し・レバー・貝類などにふくまれる

 不足すると、貧血状態となります。

 イライラ・うつ・立ちくらみ・頭痛・肩こりなどの不快症状が現れます。

【亜鉛】

 たんぱく質の合成や免疫系など、多くの生体反応に関わっている

 牡蠣・煮干し・牛肉・卵黄・レバー・アーモンドなどにふくまれる

 亜鉛は、体内で作ることが出来ません。

 不足すると、低身長・低体重などのリスクが出ます。

しっかり食事で栄養を摂るのが一番ですが、量が食べれなかったりする場合もありますよね。

つわりの時などは、特に・・・ そのような場合は、無理をせずサプリメントで補うと良いでしょう。

IZATO整体院 村瀬 美幸 IZATO整体院

村瀬 美幸

妊娠中に腰痛になってしまったら