食後すぐの歯磨きはよくない?1

updated: 2019年9月1日

食後すぐの歯磨きはよくない?1

2018年12月22日


“食後すぐに3分のハミガキ”…昔はよく言われていました。これを習慣にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、この“すぐに”が虫歯・歯周病に続く歯の病気として注目されている「酸蝕歯」のリスクを大幅に増やしてしまうのだそうです。

【酸蝕歯とは】

酸性の飲食物(フルーツ・ワイン・果汁・炭酸飲料・クエン酸を含むスポーツ飲料・栄養ドリンク・黒酢等の飲料酢・ドレッシング・ポン酢・ビタミンCの顆粒など)を摂り続けること、 また、 胸やけ・嘔吐などで胃酸が口の中に出てくること、 それらによって徐々に歯の表面が溶けてしまう「酸蝕症」の状態を発症した歯のことをいいます。

酸使用の工場勤務や水泳選手(塩素が原因)など、職業的要因が関連する場合もまれにあります。

進行すると、虫歯になりやすくなったり、知覚過敏や虫歯になっていなくても歯の痛みを引き起こしたりします。 一度失われたエナメル質は元には戻りません。 重度の場合は虫歯と同様の治療が必要となってきます。

つづく

IZATO整体院・大阪なんば店

大阪市内 河内長野、難波・心斎橋、梅田などの大阪市内からもご来店いただいております

 

 

 

コメントは受け付けていません。