生理痛・生理不順 その 2

updated: 2019年9月17日

生理痛、生理不順

女性特有のお悩み  生理痛 生理不順、
こんな症状でお困りではありませんか?
●月経周期が25日以下で来る、または38日以上間があく。
●毎月決まった周期で生理が来ない
●経血量が急に少なくなった、または多くなった
●下腹部の痛み
●腰や骨盤の痛み
●吐き気、食欲減退
●生理の時に起こる頭痛、
●イライラ、精神的不安
●下痢、便秘など消化器官の不調

生理不順について

正常な生理(月経)とは、およそ25日から38日の間隔で起こり、3~7日間で自然に止血します。
様々な原因から卵巣や子宮の機能が不安定になったために、生理の間隔や出血日数、経血量が正常ではない場合を生理不順といいます。
原因には、体質的なもの、不規則な食生活、精神的、肉体的なストレス、脳下垂体の異常、卵巣の異常、子宮の異常、甲状腺疾患など多くの種類があります。

生理痛(月経困難症)について

生理痛は多かれ少なかれ、腹痛や腰痛といった形で多くの女性が経験するものですが、医学的には腹痛・腰痛・吐き気・頭痛・イライラなどの精神不安・下痢などで日常の生活に影響をきたす状態を月経困難症といいます。
子宮内膜で産生されるプロスタグランディンが強い子宮の収縮を来たし、子宮の血流が減少するためと考えられています。
またホルモンの関係や子宮内膜症や子宮筋腫などが原因の場合もあります。

当院では

当院では、骨盤、全身を矯正し、骨盤内の血流を回復させます。自律神経の働きを良くするのでホルモンバランスを整える効果もあります。
内膜症などの病気ではない場合ほとんどの月経困難症、生理不順は軽くなっていきます。病気がかくれている心配のある方は婦人科でご相談ください。

IZATO整体院・大阪なんば店

大阪市内 河内長野、難波・心斎橋、梅田などの大阪市内からもご来店いただいております



コメントを残す